CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

CATEGORIES

archives

ランキング

blog

2016.07.18 Monday

夏季講座☆大阪へ

0
    第63回 未生流夏季華道綜合講座が2日間ありました。
    未生流→☆こちらから
    支部代表の方の実技も興味深く拝見しましたが
    午後からの講座で
    突然に会場で当てられて舞台で活けられた先生方。
    きっと緊張されているだろうなぁと
    私もドキドキしながら拝見しました。
    季節の花材も興味深かったです。


    千葉大学 環境健康フィールド科学センター
    宮崎良文先生のお話しも大変に興味深かったです。
    最近アロマテラピーのレッスンを受講しているので
    いろんなお話がリンクして。
    バラのにおい(エッセンシャルオイル)で10秒ごとに調べてみると
    脳が沈静化されていくそうです。
    ひのきやオレンジなどの香りも。
    お花の香りだけでなく、視覚でリラックス感が得られて
    世界で初めて経験ではなくデーターで科学的に明らかにされたそうです。
    薔薇を見る実験をされたそうです。ドラセナやパンジーでも同じような効果が得られたそうです。
    私たちは経験で感じていましたが
    本当に「生花」のパワーって感じますものね。
    だから私にはストレスがないのかも!?
    いけばなって精神面だけでなく体にも良いのですね。

    講座のクライマックスは
    お家元と
    ご子息で(平成26年に継承された)
    現在のお家元(王子様のようにスラリと素敵な方なのですよ)の
    お二人のお作品をそれぞれ拝見いたしました。
    伝統的な格花
    華やかな新花
    どちらも素晴らしかったです。
    数千個のほおずきは光と重なって回転!驚きました。

    ほおずきは祖母の庭にあって
    子供の私にはとっても面白くて
    そういえば実家にもありました。
    私のお花好きは
    たぶん絶対、祖母と母の影響です。
    子供の頃、母に連れられて生け花教室にお邪魔していて
    母はまだ小さな妹をおぶっていたように思います。
    いけばなの先生が下さった
    メロンのカップに入ったアイスクリームだけ覚えています(笑)
    小さい時から真似事で
    お花を挿すのが楽しかった(^_^)
    少し大きくなって、いけばなノートに習ったお花をスケッチして
    色を付けて、お花の名前を書くのが楽しかった(^_^)
    中学生の頃にお免状の申請を始めたような・・・
    結婚して家を建てるとき
    華道・茶道教室をしようと思っていたので
    主人に和室を二間続きで作ってもらって〜
    なぜか今、
    和室でレカンフラワーやキャンドル教室やっています(笑)
    自分でも驚いていますが、きっと一番驚いているのは主人です(笑)
    洋風にリフォームしようかと思っていましたが
    やっぱり和室がいいなぁ〜
    いけばな良いですよね〜〜

    大阪駅は少し久しぶりで
    0先生とお買い物を楽しみました。
    0先生は、私が中学生の頃から通って頂いているので
    なんだかお姉さんのような感じで
    ずうずうしくさせていただいています。
    母は翌日、茶道のお家元へ参りますので
    そのまま京都へ向かいました。
    京都には孫が2人いますので、楽しい夜になったのでは。
    祇園祭ですし。

    私もリフレッシュしましたので
    また張り切りたいと思います(^_-)-☆

    あ、帰りの近鉄特急
    新車?でしょうか。
    よく利用するけど外も中も全然違います。初めて乗りました。
    コンセントもついていて快適でした。ラッキー☆

    長くなりました。
    拙いブログ、最後まで読んでくださってありがとうございました。

    RosyRose
    茶道・生け花教室へのお問い合わせは
    電話059−225−7031 
    フジタまで

    ランキングに参加しています。
    クリック宜しくお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    レカンフラワーのランキングです。



    人気ブログランキングへ

    キャンドルのランキングです





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック